塾でのアルバイトの思い出

私は塾講師のアルバイトをしたことがある。

塾でのアルバイトは大変やりがいのある仕事だった。 授業前の予習を行うとき、生徒の顔を思い浮かべればどれだけ時間を費やしても全く惜しくはない。よく塾講師という仕事について「割に合わない仕事」「時給に換算するととても低い」といわれるが、私はその逆で、生徒に数学や英語を一生懸命に説明して理解してくれる快感がたまらないのだ。

そして教える生徒は男女関係なく可愛らしいものだ。大学生の時のアルバイトであったが、生徒と自分自身の年齢がたった4~5歳違うだけでも、その生徒はかなり子供に見えてしまう。生意気な生徒でも指導にやりがいがある。そんな生徒達に「○○先生」と呼んでもらえるのだから、一般的な意味での愛情はどんどん増していく。

ただ、アルバイト先まで原付で30分。遠い距離である上に交通費も全く出ない雇用形態だったため、往復の時間のロスを考えると、他のアルバイトのほうが割が良かったと言える。実際、アルバイトは週4時間の勤務だった。

それでも私がそのアルバイト先を選んだのは、「条件が良かったから」だ。他の塾ではほとんど必須なスーツ着用もなく、シフトを自由に組むことができる。こういった点が魅力だったのである。

他で言えばレストランのアルバイトなどもしたことがあるけど、あまり条件はよくないというか、給料がよくなかったのを覚えている。やっぱり自給とかは大事だよね。

友達の主婦

小さい頃からの幼馴染で、結婚して主婦になった子がいます。結婚してからはほとんど会うことがなくなったんですけど、先日久しぶりに近所のスーパー出会いました。

で、ついでに隣りのカフェでお茶したのですが、その子の口癖が「お金がない」っていうことでした。何でも、主婦になってからは旦那の給料をやりくりしているんですが、その給料だけで、子供2人を養っていくのは結構厳しいものがあり、常にお金がない状況と戦っているらしいのです。→お金がない主婦

独身の時はこの子は結構好き勝手飲みに行ったり、洋服飼ったりしていたので、こういう状況になっていたのはビックリですね。やっぱり結婚ってそう簡単にするものではないというか、計画的にしないといけないような気がしました。しかも、子供を作るとなるととくにそうですよね。

子どもには厳しい状況で育てたくないから、ある程度余裕をもって育てていきたいですから。

なんか、この幼馴染がかわいそうに見えてきたので、そこのカフェ代は僕が出してあげましたね。

まあ、僕もお金がない状態なんだけど、出してよかったのかなっていう気もするけど、500円程度だからいいかなと思います。

モビットでお金を借りている

僕は貯金が0円なんですが、それ以上に悪いこととして、お金を借りているということです。お金を借りているといっても親や友達から借りているわけではありません。このあたりに借りてしまうと人間関係的にあまりよくないことになっていきそうだったので、このあたりには借りるのはやめました。

ちゃんとというか、そういうお金を貸していることを仕事としているモビットでお金を借りることにしました。→モビットで借りる

モビットのようなキャッシング会社だとあたりさわりがないですもんね。ちゃんと返済しておけばそれ以上のことはないですし、返済に困った時も、ちゃんと連絡すれば優しく相談に乗ってくれるらしいですよ。

なので、モビットで借りることにしてよかったなとは思います。

でも、借金は借金なので、これはなるべく早く返済していかないといけないと思っています。今までは融資枠に余裕が出来れば、また借りて遊びに行ったりしていたけど、こういうのはもう一切やめて返済に徹していこうと思います。完済してしまって、これからは貯金をしていきたいですからね。

貯金がありません。

僕は貯金が全くありません。高校を卒業してからすぐに働き始めたのですが、給料はすべてその月にキレに使ってしまうので、貯金というものが全くありません。

今年30歳になるというのに、貯金0円というのはヤバイナと思っています。しかも、借金もあるんです。

このままじゃだめだと思うので、これからはちょっとづつ貯金もしていって、借金も減らしていこうと思います。